Java EE 事始め!

主にJava EEについて、つらつらとマイペースに書いていきます。「Java EEを勉強するときに、一番最初に読んでもらえるブログ」を目指して頑張ります!

Doma 2をEclipse 4.4.1+Gradle 2.2で使うための環境設定・WTPプロジェクト作成・Doma利用設定まで

このブログについて

Java Advent Calendar 2014 - Qiitaで12月10日にDomaの記事を書くのですが、環境設定などが長くなったため別記事としたのが、この記事です。
Doma 2でWebアプリを作るための下準備の方法を紹介します。
DomaおよびGradleに関しては初心者ですので、何か間違いがあったらすいません。

環境

JDK 8u25
Eclipse for Java EE Developers 4.4.1(Pleiadesで日本語化済み)
Gradle 2.2
GlassFish 4.1(Tomcatなど、別のAPサーバーでも大丈夫です)
Doma 2.0.1
Doma-Gen 2.0.1
PostgreSQL 8.4.17(古くてすいません(^^;)

JDK 8u25+Eclipse 4.4.1のインストール

省略します。
ちなみに、NetBeansラブな自分が今回Eclipseを使った理由は、NetBeansでのGradleの使い方がよく分からなかったことと、DomaプラグインNetBeansには無かったことです。

Gradle 2.2のインストール

下記のサイトからgradle-2.2-all.zipをダウンロードします。
Download Gradle l Open Source Enterprise Build Automation
僕が使ったのは2.2ですが、2.2.1でも大丈夫だと思います。
このZIPファイルをCドライブ直下に展開すると、「C:\gradle-2.2」というフォルダが出来ます。
環境変数
GRADLE_HOME→C:\gradle-2.2
PATH→%GRADLE_HOME%\bin
を追加します。
そして、コマンドプロンプトを起動して「gradle -v」と実行し、下記のようになればOKです。
f:id:MasatoshiTada:20141203143443p:plain

EclipseのGradleプラグインのインストール

Eclipseを起動し、[ヘルプ]-[Eclipseマーケットプレイス]と選択します。
検索バーに「gradle」と入力して、[Gradle IDE Pack]をインストールします。
f:id:MasatoshiTada:20141203143915p:plain
インストール後、Eclipseは再起動します。

EclipseDomaプラグインのインストール

[ヘルプ]-[新規ソフトウェアのインストール]と選択します。
[作業対象]に「http://dl.bintray.com/domaframework/eclipse/」と入力し、出てきたものをインストールします。
f:id:MasatoshiTada:20141203152022p:plain
ちなみに、IntelliJ IDEAにもDomaプラグインがあります。

Gradleプロジェクトの作成

[ファイル]-[新規]-[プロジェクト]と選択し、[Gradle]-[Gradleプロジェクト]を作成します。
f:id:MasatoshiTada:20141203144155p:plain
プロジェクト名に任意の名前を入力し、[Java Quickstart]を選択して完了します。
f:id:MasatoshiTada:20141203144512p:plain
Gradleプロジェクトが作成されました。
f:id:MasatoshiTada:20141203144714p:plain

プロジェクトの設定変更

デフォルトでは、プロジェクトのコンパイラ・レベルが1.5になっているので、変更します。
プロジェクトを右クリックして[プロパティー]→[Javaコンパイラー]の[コンパイラー準拠レベル]を[1.8]に変更します。
[OK]すると「再ビルドが必要です」と聞かれるので、OKしてください。

WTPプロジェクトへの変換

src/main直下に、webappフォルダを作成します。
f:id:MasatoshiTada:20141203145652p:plain
プロジェクト直下にあるbuild.gradleを、下記のように編集します。

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'eclipse-wtp'
apply plugin: 'war'

sourceCompatibility = 1.8
version = '1.0'
jar {
    manifest {
        attributes 'Implementation-Title': 'Gradle Quickstart', 'Implementation-Version': version
    }
}

processResources.destinationDir = compileJava.destinationDir

compileJava.dependsOn processResources

compileJava {
	options.encoding = 'UTF-8'
}

compileTestJava {
	options.encoding = 'UTF-8'
}

task wrapper(type: Wrapper) {
	gradleVersion = '2.2'
}


eclipse {
    // Dynamic Web Project
    wtp {
        component {
            // eclipse wtp context_path
            contextPath = '/Sample'
        }
        facet {
            facet name: 'java', version: '1.8'
            facet name: 'jst.web', version: '3.1'
        }
    }
}

configurations {
    domaGenRuntime
}

repositories {    
    mavenCentral()
}

dependencies {
    domaGenRuntime 'org.seasar.doma:doma-gen:2.0.1'
    domaGenRuntime 'org.postgresql:postgresql:9.3-1102-jdbc41'
    compile 'org.seasar.doma:doma:2.0.1'
    compile 'org.seasar.doma:doma-gen:2.0.1'
    compile 'org.postgresql:postgresql:9.3-1102-jdbc41'
}

test {
    systemProperties 'property': 'value'
}

task gen << {
    ant.taskdef(resource: 'domagentask.properties',
        classpath: configurations.domaGenRuntime.asPath)
    ant.gen(url: 'jdbc:postgresql://localhost/postgres', user: 'postgres', password: 'P@ssw0rd') {
        entityConfig(packageName: 'com.tada.doma2.entity')
        daoConfig(packageName: 'com.tada.doma2.dao', configClassName: 'com.tada.doma2.dao.AppConfig')
        sqlConfig()
    }
}

apply from:'eclipse.gradle'

プロジェクト直下にeclipse.gradleを作成し、下記のように記述します。

apply plugin: 'eclipse-wtp'

ext { aptDir='.apt_generated' }

eclipse {
	jdt.file.withProperties { it['org.eclipse.jdt.core.compiler.processAnnotations'] = 'enabled' }
	classpath {
		containers = ['org.eclipse.jdt.launching.JRE_CONTAINER/org.eclipse.jdt.internal.debug.ui.launcher.StandardVMType/JavaSE-1.8']
	}
}

eclipseJdt {
	def clos = []
	def fp = file('.factorypath')
	outputs.file fp
	clos += {
		fp.withWriter {
			def domaJar = configurations.compile.find {
				it.name.startsWith('doma-2')
			}
			new groovy.xml.MarkupBuilder(it).factorypath() {
				factorypathentry(kind:'EXTJAR', id:domaJar, enabled:true, runInBatchMode:false)
			}
		}
	}

	def prefs = { name, contents ->
		def f = file(".settings/$name")
		clos += {
			f.text = contents.stripMargin()
		}
		outputs.file f
	}
	
	prefs 'org.eclipse.jdt.apt.core.prefs', """\
	|eclipse.preferences.version=1
	|org.eclipse.jdt.apt.aptEnabled=true
	|org.eclipse.jdt.apt.genSrcDir=${aptDir}
	|org.eclipse.jdt.apt.reconcileEnabled=true
	|"""
	doLast { clos*.run() }
}

task eclipseSettings(type: Copy) {
	from rootProject.files("eclipse/org.eclipse.jdt.ui.prefs")
	into project.file('.settings/')
	outputs.upToDateWhen { false }
}

task eclipseJdtPrepare(type: Copy) {
	from rootProject.file("eclipse/org.eclipse.jdt.core.prefs")
	into project.file(".settings/")
	outputs.upToDateWhen { false }
}

task cleanEclipseJdtUi(type: Delete) {
	delete project.file(".settings/org.eclipse.jdt.ui.prefs")
	delete project.file(".settings/org.eclipse.jdt.core.prefs")
}

tasks["eclipseJdt"].dependsOn(eclipseJdtPrepare)
tasks["cleanEclipse"].dependsOn(cleanEclipseJdtUi)
tasks["eclipse"].dependsOn(eclipseSettings)

では、プロジェクトを変換します。
build.gradleを右クリック→[Gradle]-[すべてリフレッシュ]を選択します。
f:id:MasatoshiTada:20141203150809p:plain
すると処理が実行され、プロジェクトがWTPプロジェクトに変換されます。
f:id:MasatoshiTada:20141203151017p:plain
src/main/java、src/main/resources、src/test/java、src/test/resourcesの各フォルダには、自動生成されたorg.gradleパッケージがあるので、削除しておきます。
プロジェクトのアイコンを見ると、WTPプロジェクトになっていることが分かります。(地球のアイコンが左上に付いています)
また、[参照ライブラリー]の中に、DomaなどのJARファイルが追加されています。
はじめての実行の際は、依存ライブラリのダウンロードが走るので、けっこう時間がかかります。

APサーバーの選択

EclipseにはGlassFishプラグインを追加しておいてください。
GlassFish 4さわる - kagamihogeの日記
プロジェクトのプロパティー→[サーバー]および[ターゲット・ランタイム]でGlassFish 4.1を選択します。
f:id:MasatoshiTada:20141203154919p:plain

Doma 2を利用するための設定

Doma 2は、エンティティの自動生成の際に
プロジェクトのプロパティーを開き、[Javaコンパイラー]-[注釈処理]で[プロジェクト固有の設定を可能にする]にチェックを入れます。
f:id:MasatoshiTada:20141203150249p:plain
また、[Javaコンパイラー]-[注釈処理]-[ファクトリー・パス]で、doma-2.0.1.jarを追加します。
f:id:MasatoshiTada:20141203153305p:plain


準備作業は以上です。
Gradleには触ったことなかったので、けっこう苦労しました・・・。
Advent Calendarでは、実際に簡単なWebアプリを作るところまでやってみます。